相続長崎の手続きと相続相談は【長崎市】相続遺言相談センター。遺言書・後見人・老人ホーム・葬儀社相談

贈与

生前贈与の活用法

生前贈与の活用方法は、相続税が発生する方と発生しない方とでは、全く変わってきます。
贈与税にも暦年課税制度と相続時清算課税制度の選択のほかにも特例があり資産状況次第で、色々な贈与の活用方法があります。

そもそも相続税の発生しない方が、間違った方法で贈与を使うと取り返しの付かない贈与税が発生しますが、上手な活用をできると生前に名義を移すことでスムーズな相続を実現できます。

この場合には、単に贈与税だけでなく登録免許税・不動産取得税・譲渡所得税・その他諸費用なども考慮したうえで、有利な方法を個別に判断していくことが重要です。

逆に、相続税の発生する方は計画的な贈与によるシュミレーションを作成し、最も有利な方法を選ぶことになります。

何れにしても知ってするのと知らずにするのでは、数百万円以上の差が出るケースも少なくないということだけは頭に置いたほうがいいでしょう。

また、贈与契約は税務署や他の相続人からの突っ込みに備え、贈与契約書を作成します。契約書がないことで認めてもらえなかったり、納税を避けられないというようなことが、無いようにしましょう。

また、遺留分対策のために遺言書の作成も併せてしておくことをお勧めいたします。


調べたい項目をクリックして下さい。


:3962 :1 :0

powered by Quick Homepage Maker 4.53
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional