相続長崎の手続きと相続相談は【長崎市】相続遺言相談センター。遺言書・後見人・老人ホーム・葬儀社相談

遺留分で、もめない為に

遺留分対策

円満相続の為に作ったはずの遺言書が原因で、遺留分問題に発展することは少なくありません。

遺留分対策は、財産状況・家族関係をお聞きした上でご提案致します。

遺留分対策で最も重要なことは、
「想いを伝える事」です。

保険の活用も効果的ですが、

まずは、
生前に伝えておいたり、
遺言書に付言事項で書き記したり、
エンディングノートなどの活用
電子遺言「e遺言」の活用も今後は効果的と思われます。

遺留分対策は、費用もさほど掛かりませんので

「エンディングノート」 「e遺言」をどんどん活用しましょう。


電子遺言「e遺言」とは?

  • ①ご本人(被相続人)の情報や想いをご家族(相続人)に伝える事に使われます。
  • ②財産目録や交友記録、引継ぎ、自分史、家族へのメッセージなどを残せます。
  • ③画像(写真)や音声(肉声)、ビデオレター(動画)も交えて残せます。
  • ④いつでも何度でも自由に書き換えができます。
  • ⑤万全のセキュリティで管理され、ご本人が亡くなるまで情報は受取人へ開示さ
    れません。

当事務所は、電子遺言バンク(株)との提携により「電子遺言(e遺言)」を割引特典で利用できる紹介コードをお客様のためにご準備しています。
通常料金:月額500円(税別)のところ 割引特典:月額300円(税別)で、ご利用になれます

電子遺言の利用をご希望の方は、新規登録の画面で当事務所の
紹介コード 26868672
を入力して申し込んでください。

ご注意
「電子遺言(e遺言)」は、残されたご家族へ「ご本人の記録と想い」をお伝えしますが、遺産相続についての法的な効力はありません。
相続トラブルを避けるため、法的効力のある正式な遺言書を合わせてご準備されることをお勧めします。
詳しくは当事務所にご相談ください。


調べたい項目をクリックして下さい。


:3736 :1 :0

powered by Quick Homepage Maker 4.53
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional